たるみを防止する栄養素と多く含む食材

肌の弾力や機能が少しずつ衰えてきて、年齢と共に現れてくるのが顔のたるみ。

 

これは、お肌の弾力の元となっているエラスチン、肌同士をくっつけているコラーゲン、乾燥を防いでいるヒアルロン酸などの量が、加齢とともに減ってくることが原因です。
その結果、表情筋の働きが弱くなってしまったり、新陳代謝が悪くなったりしてきてしまいます。
ずはり、顔のたるみの要因は、この点にあると言われているのです。

 

「寝起きの顔に枕のあとが付いて、なかなか消えないわ?」なんて経験をしたことは、ありませんか? 

 

例えば……テニスラケット。ガットがピンと張られているテニスラケットでボールを打つと、勢いよく跳ね返りますよね。
でもガット自体がたるんでくるとボールの跳ね返り具合は弱まってしまいます。

 

顔のたるみの構造はまさにこういう状態に似ています。
お肌の弾力(ハリ)が無くなり、たるんでくる状態なのです。
この対策としては、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を多く摂取して、顔のたるみを防ぎましょう。
これが若さの秘訣とも言えることなんですよ。

 

【顔のたるみ防止に必要なもの1:コラーゲン】
肉や魚の骨、軟骨、皮、内臓などプルプルしているところにコラーゲンは多く含まれています。
もちろん、食事から補給できることが一番良い方法なのですが、なかなか難しいという方は、サプリメントで補うこと。

 

【顔のたるみ防止に必要なもの2:エラスチン】
牛すじ肉や手羽先、軟骨、煮魚などに多く含まれるのがエラスチンです。
これは、夜に摂取すると効果が高いと言われています。

 

【顔のたるみ防止に必要なもの3:ヒアルロン酸】
ヒアルロン酸は、ふかひれスープや手羽などに多く含まれています。
破壊された細胞を修復していく働きがあるのが、このヒアルロン酸です。
今では、サプリメントや化粧水などでも、摂取することが可能です。

 

この3大成分をしっかりと摂取し、お顔のたるみを防いでいきたいものですね。

関連ページ

効果的なマッサージや運動
顔のたるみの解消に効果的な、マッサージや顔の筋肉の運動についてご紹介します。
顔のたるみケア
顔の皮膚がたるんでしまわないように、たるんでしまった場合のケアについてお話します。